不動産を購入する時でも売却の時でも、業者を通じて購入したら仲介手数料を支払う必要が出てきます。

不動産屋の選び方について

不動産売買の仲介手数料

アベノミクスによってデフレを脱却できるかもしれません。もし、デフレ脱却したら不動産投資が脚光を浴びるでしょう。現に首都圏では少しづつですが不動産の価格が上昇しています。価格上昇の前に、今後は資産運用に不動産投資の比率を上げたほうが良いのではないでしょうか。

不動産売買では、業者を経由して購入する場合が多いと思いますが、その際仲介手数料を支払う必要があります。不動産価格には当然目が行きますが、その後に請求される仲介手数料は見逃しがちです。前もって売買の諸費用として頭の中に入れておいてください。

その仲介手数料の計算は、不動産価格に手数料率を掛けて計算されます。200万以下の部分は売買価格の5%、200万超400万円以下は4%、400万円超は3%の手数料になり、実際例を見てみると、600万円の物件であれが10万円と8万円、そして6万円の手数料になり合算されて24万円の仲介手数料となるのです。これには簡単な計算式があり、200万延長400万円以下では4%+2万円、400万円超の場合3%+6万円という簡易的な計算方法があります。この仲介手数料は契約締結後に請求され、その時期は不動産屋さんによって異なります。最初に支払時期をよく確認しておくことが大切ではないでしょうか。

Copyright (C)2019不動産屋の選び方について.All rights reserved.