分譲住宅など戸建の不動産を購入する時に住宅ローンを利用する場合に必要とされる諸費用に関しての説明

不動産屋の選び方について

戸建の不動産を住宅ローン利用で購入する時の諸費用

戸建の分譲住宅など不動産を購入する場合、土地と建物を購入するわけですが、ほとんどの場合住宅ローンを利用することと思います。その場合買い入れ額に対する返済シミュレーションなどして、返済のことを第一に考えがちですが、住宅ローンを利用する上で色々な経費がかかることも知っておかなければなりません。

まずは、保証料で、住宅ローンを借りる時補償会社から保証をしてもらいます。その際の保証料で、その保証会社によって料金は異なり事前の確認しておいてください。最近では、火災保険の加入は強制的ではない金融機関が多くなってきましたが、それでもまだその加入が条件の住宅ローンは多くあります。返済期間と同等の期間の一括払いが原則で、その住宅の再調達価格や補償内容によって異なりますが、かなり高額になる場合もあります。また、その火災保険には質権設定されるので、その費用も必要になり、その不動産に対しての抵当権設定費用も併せて必要になってきます。その他、銀行と結ぶ金銭消費貸借契約には印紙が必要になり、銀行に支払う事務手数料が必要になってきます。

住宅ローンを借りる上で、このようね経費も事前の計算して、確認できる部分は確認しておくことが大切ではないでしょうか。

Copyright (C)2019不動産屋の選び方について.All rights reserved.