不動産を売却した時は譲渡税が、購入した得は不動産取得税が必要になり、その他印紙などの税金を必要とします。

不動産屋の選び方について

不動産売買における税金について

不動産の売買のおいてはどうしても税金の納付が必要になってきます。不動産を売却した時は、譲渡所得が、購入した時は不動産取得税の納付が必要になってくるのです。そのほかでは売買契約書に添付する印紙や登記する際の登録免許税などが必要になってきます。

不動産を売却した場合、購入した価格より高く売れた場合は当然利益が生じます。その際、所得税と住民税を支払う必要があるのです。譲渡所得は5年以内の短期と、5年以上の所有期間がある長期に分かれていて税率が異なってきます。課税譲渡所得は取得費と売却にかかる経費を差し引いた金額で、短期譲渡では所得税30%プラス住民税9%になり、長期譲渡では所得税15%プラス住民税5%の合わせて20%の税金を支払う必要があります。

不動産を購入した場合は、不動産取得税の納付が必要になってきます。物件購入後、1〜2ヶ月したら市町村から農夫の通知が来ることになっているのです。登記が完了したかどうかは関係なく、その物権を取得した時点でかかってくる税金です。固定資産評価額の4%が税額になるので、不動産を購入した場合はこの税金も頭の中に入れておく必要があります。ちなみに、相続による取得は課税されません。

Copyright (C)2019不動産屋の選び方について.All rights reserved.