不動産売買する場合、売り手とかいてはそれぞれちゅういてんがあり、それを遅滞なく行ってください

不動産屋の選び方について

不動産売買の売り手買い手の注意点

不動産売買する場合、売り手が完了しておかなければならないこと、買い手が直ぐにしなくてはならないことがあります。双方が速やかにこれらのことを完了しておくことが必要です。不動産を売却する場合、購入者に引渡しをしなくてはなりません。そのためには確認しておくことが必要になってきます。例えば住宅ローンを完済したとしても、銀行に抵当権が設定されたままになっていることがまれにあるので、抵当権は抹消しておかなければなりません。また、名義が売主の名義でなかったりすることも良くあることです。本人名義ではなく家族の名義になっている不動産は良くあることですが、その際は売主の名義に直して登記をしてその後引渡しをする必要があります。

購入した不動産を自分の名義にするには、所有権移転登記をしなくてはなりません。そうしないと自分の権利を主張できなくなってしまい、旧名義人に勝手に売却されても抗弁できなくなってしまいます。その管轄する法務局に言って、登録免許税を添付して移転登記をしなければならないのです。登録免許税は、固定資産評価額の1000分の20で、その金額の印紙を添付しなくてはなりません。売買契約が成立したら直ぐに移転登記することをお勧めします。

Copyright (C)2019不動産屋の選び方について.All rights reserved.