不動産購入は何歳くらいまでにしたほうが良いのでしょうか。調べてみましたのでクチコミ致します。

不動産屋の選び方について

不動産購入と年齢について

不動産購入は何歳くらいまでに行うと良いのでしょうか。多くの方が不動産購入をする時に、住宅ローンを利用して購入を検討するのではないかと思います。そのため、住宅ローンを使用しないのでしたらいくつでも購入するのは問題ないのですが、ローン使用の場合には35歳をめどに購入するのが良いかと思います。それはなぜかといいますと、ローンのシステムにあります。

住宅ローンを組むときには、一般的に上限である35年を借入期間として設定します。35歳の時に35年ローンを組んだとすれば、順当に返すと70の時に返済が終了することになります。しかし多くの場合は65までで低年を迎えその後はしばらく無収入になってしまうことが多いのです。ですので、65歳の定年時に退職金で残りのローンを支払い、住宅ローンの完済を狙うというイメージで、35歳以上の年齢になってしまうと住宅購入が難しいと判断できるかと思います。また、年齢を重ねるにつれ、銀行側の審査も非常に厳しいものになってきます30で同じ金額を借り入れようと思った時には、審査にすんなり通っても40で自分自身の内容が変わっていない時に同じ内容では借入審査に受からないということもあるようです。そういうことも踏まえ、35がメリットと言えるのではないでしょうか。

Copyright (C)2019不動産屋の選び方について.All rights reserved.