不動産の土地や住宅の一方だけの所有で税金はかかりますが、土地の場合規定額以上でないと固定資産税はかかりません。

不動産屋の選び方について

不動産を購入すれば税金がかかります

不動産は所有する土地と住宅を言いますが土地は永久に固定資産税が掛かります。その目録は地方の役所に固定資産台帳に登録していますので納税が一目瞭然に判ります。その固定資産台帳を元に納税するのですが土地と住宅の取得当時の価額により上限が決められていますので所有する土地と住宅が全て納税しなければならないと限っていません。土地には利殖用の山林がありますが取得した時点の総価額が、ある一定以上でないと役所から納税の通知は来ません。しかし一定額以上になりますと役所から納税の通知がきます。

公共団体は土地の値段が安い時代に購入していますが土地の値上がりになりますと納税の通知が来ます。その場合、納税をしないと利子を含めて更に納税額が上がる事になりますので企業等に土地の販売を誘致して現金化を急ぎますが、不景気ですと企業等は購入を敬遠する事から更に利子が上がり負債が貯まり、財政を圧迫しだします。不景気になりますと公共団体は所有の土地等を手放す手段をしていますが現代ではインターネットを利用して安く購入する事ができる事を公募しています。個人の所有住宅は30年ほどで値段はなくなりますので若い人は両親と暮らすことで住宅についての費用を考えないで気楽に暮らせることになりますので両親が住宅を所有している人は若い時代は借家住まいで、相当の時期に両親と暮らすことで住宅の費用はなくなりますので安心して暮らせるというよ言う事になります。

Copyright (C)2019不動産屋の選び方について.All rights reserved.