カリスマ大家さんと言われる人がいます。その人は、アパートなど複数の不動産を所有し、人にアパートを貸しています。

不動産屋の選び方について

不動産を上手に活用する大家さん

ある、お金持ちの大家さんがいました。その大家さんは、アパートなどの不動産を非常にたくさん持っているそうです。その部屋を人に貸して家賃収入で暮らしています。持っているアパートはいつも満室だそうです。不動産を持つと人に貸して、お金を産むことができます。

そのカリスマ大家さんと言われていた方は、実際不動産を購入する時に、その部屋に一晩寝てみるそうです。不動産を購入する時、家の中の見学をするのは聞いたことがありますが、実際寝てみるというのは聞いた事がありません。ただのカリスマ大家ではありません。プロのカリスマ大家だと思いました。なぜかというと、管理人を自らし、入居者の悩みとかを聞いてあげたり、挨拶して声をかけたり、修繕したり、まるで下宿の、お母さんみたいに入居者を大切にしているからです。

不動産を購入するのは、とても大きなお金が動きます。実際買ってから分かる事もあります。このカリスマ大家さんは、先を見据えていろいろ考えて、入居者の気持ちになって行動しているなと思いました。部屋が満室なのも当然かもしれません。不動産をうまく扱う事で、お金も入ってくるし、入居者も喜ぶし、貸す方、借りる方にも、お金以外のメリットが生れます。

Copyright (C)2019不動産屋の選び方について.All rights reserved.