中古一戸建てを購入するファミリーが増えています。不動産を売却するなら今が高く売れるチャンスです。

不動産屋の選び方について

不動産売却の時期と費用

不動産を売却する時期は、いつが売り時なのか相場により見極めることが肝心です。しかし、価値が上がりそうな時期を見計らうあまり、長く待ってしまうことはダメです。時間がたつにつれて、不動産の価値も下がってくるので、今が売り時と思ったら早めに手を売ることが肝心です。

今は新築を購入するよりも中古一戸建てを購入する人が多いので、売り時とも言えます。あえてリフォームすることを前提としてマイホームを買う人にとっては、リフォームしやすい家が好まれます。あまり凝った構造ではなく、シンプルな間取りの家が需要があり、そうした不動産を持っている人は、今のリフォームブームに乗ると、意外な高値で売れる可能性があります。

売却の前には相場を調べてから、適正だと思った価格で売りに出すようにします。あまり高くでても買い手がつかないし、安すぎても損をしてしまいます。不動産を売却するとお金が入ってきますが、いろいろな売却時の手続きにかかる費用も引かれます。仲介手数料が代表的で、これは買ってもらった不動産会社に払うもので、3%ほど引かれるの一般的です。他には所得税、測量費、印紙代、抵当権抹消費用など、全部合わせるとかなりの金額になる場合があるので、それも考慮して不動産を売却することです。

Copyright (C)2019不動産屋の選び方について.All rights reserved.